海津から見るびわ湖

  • 守山:地名。東門院という寺によって対岸から比叡山の東方が守られているともいわれている。
  • 三上山:三上山に現れる大百足に苦しめられていた龍神の頼みで、俵藤太(藤原秀郷)が矢で見事に退治したというムカデ伝説がある。
  • 湖東三山:湖東地方の西明寺、金剛輪寺、百済寺の三つの天台宗寺院の総称。百済寺の釈迦山、金剛輪寺の松峰山、西明寺の龍應山からなる山並みの晩秋が特に美しい。雲の隙間から陽がさすとまさに幻想的な風景に出会う。
  • 荒神山:奈良時代、行基が山頂に奥山寺を開山した際、三宝荒神の像を創ったことからそう呼ばれる。
  • 伊吹山:滋賀県の最高峰。戦国時代に織田信長が薬草園を開いた山。
  • 竹生島:湖里庵からの景色では、残念ながら海津大崎の山影に隠れる。安芸の厳島、相模の江ノ島とともに日本三弁財天のひとつ。
  • 多景島:湖面から高さ約20mの小さな島。見る方向によって様々な景色を見せることから多景島と呼ばれるようになったともいわれる。島には、日靖(にっせい)がお告げを受けて開山した見塔寺、「南無妙法蓮華経」の文字を彫った巨大な題目岩(だいもくいわ)がある。その岩には、井伊直弼が桜田門外の変で暗殺された際、岩肌が血をにじませたという伝説も残る。